2017年4月29日に「丘のまち美瑛 景観・写真国際フォーラム2017」を開催し、美瑛町の美しい農村景観を守り育み、次の世代に引き継ぐために、美瑛町での写真撮影におけるルールの構築を目指して取り組むことを宣言しました。
フォーラム終了後、美瑛を応援する方々から、SNSやホームページを通じてルールに関するさまざまな投稿をいただいており、今後に生かすためルールづくりを始めました。
その推進団体として、2017年12月21日に写真家や愛好家などによる「特定非営利活動法人美瑛町写真映像協会」が設立されました。

2018年2月1日にNPO法人美瑛町写真映像協会、観光関連団体、商工業、農業団体、農業従事者等関係者が集まり、「美瑛町撮影ルール策定委員会」を立ち上げ、美瑛町における撮影ルールの作成に取り掛かりました。
2か月間にわたり各々の立場において様々な意見を交わし、丘のまち美瑛の農業と景観を保つための撮影マナー・ルールが完成しました。

完成した撮影マナー・ルールについて、

詳細はこちら