| | |

吉村和敏Kazutoshi Yoshimura

1967年、長野県松本市で生まれる。県立田川高校卒業後、東京の印刷会社で働く。退社後、1年間のカナダ暮らしをきっかけに写真家としてデビューする。以後、東京を拠点に世界各国、国内各地を巡る旅を続けながら、意欲的な撮影活動を行っている。自ら決めたテーマを長い年月、丹念に取材し、作品集として発表する。絵心ある構図で光や影や風を繊細に捉えた叙情的な風景作品、地元の人の息づかいや感情が伝わってくるような人物写真は人気が高く、定期的に全国各地で開催している個展には、多くのファンが足を運ぶ。近年は文章にも力を入れ、雑誌の連載やエッセイ集の出版など、表現の幅を広げている。

受賞・個展歴
2003年
カナダメディア賞大賞受賞

2007年
写真協会賞新人賞受賞

2015年
東川賞特別作家賞受賞

『プリンス・エドワード島』『「イタリアの最も美しい村」全踏破の旅』(講談社)
『BLUE MOMENT』『MAGIC HOUR』『Morning Light』(小学館)
『Moments on Earth』(日本カメラ社)『カスタム・ドクター』(ノストロ・ボスコ)『Shinshu』(信濃毎日新聞社)

写真家メッセージ

どの国にいるときも決まって早起きをし、朝日にカメラを向けてきました。
朝にはただ美しいだけでない、不思議な力が隠されているような気がしています。澄み切った大気の中で、地上のすべての生命が光の恵みとともに再生していく姿を見つめていると、たまらない愛おしさで心が満たされていくのです。
世界の朝を繋ぎ、写真展を行ってみたい。ずっとあたためつづけてきた夢がようやく叶いました。朝に隠された、この星で生きる素晴らしさを感じてみてください。

「Morning Light」展

吉村和敏Kazutoshi Yoshimura

世界各国、国内各地を精力的に旅し、数多くの作品を世に送り出している写真家吉村和敏の「朝の光」をテーマにした写真展。第二の故郷カナダをはじめ、フランス、イタリア、ノルウェー、アイスランド、トルコ、インド、カンボジア、ペルーなど26カ国を旅し、美しい朝の表情、人々の暮らしの様子をとらえた約60点の作品を発表する。2007年に、空が青く染まる瞬間を叙情的に描いた「BLUE MOMENT」、2010年に、世界がバラ色に染まる神秘的な時間をまとめた「MAGICHOUR」の写真展を行ったが、今回の「Morning Light」は、三部作の完結編となる写真展になる。

― 会場 ―
図書館

開館時間:10:00 ~ 18:00
休館日:毎週月曜日、祝日、月末日