• TOP
  • >
  • 美瑛の撮影ルール
  • >
  • ルール(日本語)

美瑛の撮影マナー・ルール


丘のまち美瑛の農業と景観を保つために

撮影マナー・ルール
写真・映像撮影にあたってご協力ください

丘のまち美瑛は、十勝岳連峰を背景とした雄大な自然と農業生産の場である広大な畑、山林等が一体となり季節ごとに変化するパッチワークのような農業景観そのものが観光資源となっています。丘の個性あるれる農業景観をつくり出し、保全しているのもこの地域で暮らす農業者の皆さんです。
丘の景観を楽しみ、この地域で写真・映像を撮影される方々に、農業者の生産活動を妨げるような行為を慎んでいただきますようお願いいたします。また、写真や映像を撮影する際は、互いに譲り合い、マナーとルールを守って下さい。
たいせつな農業景観を将来に継承するため、私たちと共に地域と協働した景観保全活動に、是非ご協力下さい。

一般的な撮影マナー


1)私有地である農地(畑・牧草畑・山林等)や宅地に立ち入らないこと

看板表示のない農地でも立ち入らないこと
不法侵入でもあり、踏み込んだ靴の裏の菌・病害虫が作物感染被害を起こします

2)駐車する場合、畑の出入口等を避け農業者の迷惑にならないよう気をつけること
3)農作業車等が移動する際は、撮影を中止し邪魔にならないよう気をつけること
4)ゴミを捨てないこと、また自分のものでなくても拾うこと

撮影行為に関するルールについて


撮影可能な場所かをまず確認すること

三脚は、安全なところでのみ使用すること

作業中の農業者を撮影する場合は、肖像権を厳守すること

場所を独占するなど一般観光客に迷惑な行為はしないこと

フラッシュ撮影は他の人の迷惑にならない範囲で行うこと

自分の都合で、枝を折ったりして環境を変えないこと

美瑛町内でのドローン(無人飛行機)による飛行、空撮は原則禁止ですが、以下のものは除外します。

※ 国土交通省及び管轄航空局長から無人飛行機の飛行に係わる許可及び申請承認を受けたもので、かつ地権者の同意を得たもの
 
※ 航空法により一部の飛行は禁止されており承認が必要です。違反した場合は法律により罰せられる事があります。詳しくは、NPO法人美瑛町写真映像協会へお問い合わせください。